無料、レンタルサーバーの違いって?

レンタルサーバー
女性が有料/無料レンタルサーバーの違いについて考えている

お金をかけたくない人によとっては、とても頼りになる無料レンタルサーバー。HTMLやワードプレスを使ったサイト構築するだけならば何の問題もありませんが、やはり最終的には有料レンタルサーバーに移行する人がたくさんいます。「いきなりお金をかけるのも……まずは無料サーバーで様子を見てから……」と考える人は多いでしょう。お金をかけずにWEBサイトを持てるならそのほうが良いと考えて然るべき状況があるわけですが、ではなぜ多くの人が有料サーバーを利用するのか。今回は、有料と無料のインターネットサーバーの違いについて紹介します。

スポンサーリンク

有料/無料レンタルサーバーの違い

早速、有料サーバーと無料サーバーの違いについて紹介していきますが、まずは分かりやすいように以下の通りまとめてみました。もっとも、私個人がこの時点では違いがよく分かっていないので、表は『Server Kurabe/無料サーバーと有料サーバーの違い』を参照しております。つまり、こちらのサイトを参考にしたほうが分かりやすいということです(笑)

項目無料サーバー有料サーバー
費用安い高い
独自ドメイン設定基本的にサービスドメインのみマルチドメイン対応が多い
ディスク容量少ない多い
広告あり(サーバーによる)なし
商用利用サーバーによる可能
サポート最低限、かつ運営会社のサービス終了=WEBサイト閉鎖充実しているところが多い

ざっくりとした違いを表すと上表の通りとなるようですね。この時点では、「別に無料サーバーで良いんじゃん? メジャーどころならそうそうサービス終了もないだろうし」というのが私の印象。正直に書いてしまうと、この違いが具体的にどういう違いなのか理解できなかっただけなんですけどね。では、続いてこれらの違いをもう少し詳しく見てみましょう。

無料レンタルサーバーの特徴

なんと言っても一番の特徴は”無料で使える”ということでしょう。一切の費用をかけずに誰でも閲覧できるWEBサイトが持てるので、ブログやちょっとしたアフィリエイトをするなら十分にまかなえます。ただ、やはり無料サーバーは、我慢しなければいけないポイントもあるようです。

  • 利用しているサーバーの広告が入ってしまう
  • いつ、どのタイミングでサーバーが使えなくなってしまうか分からない
  • バックアップや引っ越し(サーバー移行)が不安
  • PV数が増えると簡単にサーバーがダウンする

他にもいろいろあるようですが、私個人が無料サーバーを利用している最中に感じたことはこのくらいです。正直なところ、運営しているWEBサイトの規模によっては一切の不満を感じることなく運営できる可能性もあると思いますが、アフィリエイト収益を得ようとしている場合やPV数が増えて来ると必然的に無料サーバーの卒業を考えざるを得なくなります。そして、一度でもサーバーの引っ越しを経験すると、「やっぱり有料サーバーのほうが良いな」という思いは加速し始めます。

そもそも無料サーバーというのは、サーバーを運営している会社が「まずは使ってみてよ」と試供品的に行っているサービスです。もしくは、新しい技術を試す場として確保していて、利用者はそういったリスクを許容した上で無料サーバーを利用する必要があります。まぁ、すごく短絡的に表現するなら「客寄せパンダ」です。

有料レンタルサーバーの特徴

一方、有料レンタルサーバーにはそういった不満点はまずありません。サーバー会社によって具体的なサービス内容は違いますが、いずれも利用者の自由度は無料サーバーに比べて段違いに高いです。利用可能なドメインにサーバー会社のドメイン名が含まれるかどうかは意外と大きな問題ですし、セキュリティやサーバー自体の安定性は思いがけない状況で影響してきます。

  • 費用がかかる
  • サーバーの継続性が高い
  • 独自ドメインが利用できる
  • 割り当てられるディスク容量が大きい
  • PHPやMySQLが利用できる
  • 広告が表示されない
  • 商用利用可
  • サーバーによってはアダルトコンテンツ可
  • サポートが充実している

有料レンタルサーバーは月額(年額)数千円~数万円の費用がかかる反面、一度借りてしまえば半永久的に自身のWEBサイトがインターネット上に存在し続けます。個人的な日記を綴るブログを書いているユーザーと本格的なアフィリエイトをしているユーザーではまったくウェイトが違うでしょうが、少なくとも自身のWEBサイトを使って何らかの収益を得ようとするのであれば、万が一のリスクを含めて最終的には有料レンタルサーバーを利用することが好ましいようです。

自分に合ったレンタルサーバーを見つけよう

基本的に、すべてのニーズを満たすレンタルサーバーはないと考えて良さそうです。有料レンタルサーバーならほぼニーズを満たすところはあるかもしれませんが、無料レンタルサーバーなら期待するだけムダでしょう。もちろん、ニーズが少ないうちは良いかもしれませんが、高みを目指すようになるとすぐに物足りなくなってしまいます。

「とにかくお金をかけずにWEBサイトやブログを開設したい!」なら無料、「これから本格的にネットビジネスに携わりたい」なら有料。このあたりの判断はシンプルで良いと思いますが、まずは自分が何をしたいのかを明確にすることが大切です。それによって必要な機能などを吟味し、最適なレンタルサーバーが選べます。

まとめ

非常にざっくりとした内容になってしまいましたが、無料/無料レンタルサーバーの違いは以上の通りです。実際に使う中でどの程度の運用を目指しているのかによって使い分ければ良いでしょう。コンテンツ次第ですが、場合によっては無料レンタルサーバーで大きなPVを獲得できる場合もありますし、有料レンタルサーバーでも一向にPV数が上がらないということもあります。むしろ、メジャーな無料レンタルサーバーやブログサービスを使ったほうが良いこともあるので、使い方によって最適な手段を選択しましょう。

とりあえず、「まずはブログでもやってみようかな」という人は無料レンタルサーバーで様子を見て、次第にPV数が増えてきたら有料レンタルサーバーへ移行すれば良いでしょう。この手間が面倒だというのであれば、費用はかかりますが最初から有料レンタルサーバーを利用しても問題ありません。サーバーによっては非常に安く契約できるところもあります。

あくまでも私個人の考えですが、無料レンタルサーバーから有料レンタルサーバーへ、有料レンタルサーバーから有料レンタルサーバーへの引っ越しを経験しているので「最初から気に入った有料サーバーを契約したほうが良い」と思います。引っ越し自体はそれほど面倒ではないのですが、なんだかんだ不具合が出たりすることが多いです。私の場合、元々使っていた画像ファイルがすべて使えなくなってしまった(ファイル名の付け方が問題だったようです)ので、引っ越し完了までなんだかんだで数日かかりました。この期間で稼ぐ人は数万~数十万円稼げるわけなので、いずれ引っ越しをすることを考えると最初から有料サーバーを契約したほうが良い気がします。

コメント